ファクタリングによる資金調達事例|個人事業主の在宅ワーカーの場合

在宅ワーカーのような個人事業主が金融機関から融資を受けるのは困難です。しかしファクタリングを活用すれば個人事業主でも資金調達が可能。ここでは個人事業主の在宅ワーカーがファクタリングを活用して資金調達した事例をご紹介します。
 

在宅ワークに必要な家電費用が足りない

昨年から続く新型コロナウイルス感染拡大防止の影響により、自宅でテレワークを行う在宅ワーカーが急激に増えています。また、新型コロナの影響で仕事を失い、個人事業主として在宅ワークを始める人も増えました。
 
在宅ワークと一口にいっても仕事の種類はさまざまです。個人事業主でもたった一人で仕事をする人もいれば人を雇って数人で仕事をする人もいます。また、最初は一人で仕事をしていたものの、一人ではこなしきれなくなって人を雇うことになるケースもあるでしょう。
 
人を雇うと仕事で使用するパソコンやソフトなどの家電をそろえなければなりません。職種によってはCADや3DCG制作ソフトなど1本数十万円するソフトが必要になることもあり、それらをそろえるための家電費用が足りなくなるというケースも出てきます。
 

個人事業主の在宅ワーカーのファクタリング活用事例

個人事業主であるフリーランスのWebディレクターがファクタリングを活用して資金調達した事例をご紹介します。
 
年商:1500万円
従業員数:3人
都道府県:大阪府
調達日数:2日
調達額:約100万円
資金用途:家電などの購入費
 
大阪でフリーランスのWebディレクターをしているA氏は、大手企業からWebサイトのデザインという大口の案件を受注しチームを組んで仕事をすることを決定します。Webデザイナーなどを雇うと同時にパソコンや3DCG制作ソフトなど必要な家電を購入することになったのですが、人件費も含め資金不足となりました。
 
そこで既に納品済みの売掛債権をもとにファクタリングを活用して約100万円の資金調達に成功。人件費や家電費用を賄うことができ、受注した大口の案件も無事に納品できました。
 

融資を受けにくい個人事業主の在宅ワーカーでもファクタリングなら資金調達が可能

在宅ワーカーのような個人事業主は、信用を得にくいためなかなか金融機関からの融資は受けられません。しかし在宅ワーカーのような個人事業主でも急な資金調達を迫られるケースはあります。
 
そんなとき個人事業主の強い味方となってくれるのがファクタリングです。ファクタリングは一般企業だけでなく個人事業主でも利用することができます。また、金融機関などで融資を受ける場合は審査に時間がかかりなかなか融資を受けられないこともありますが、ファクタリングならスピーディーな資金調達も可能です。
 
そのため在宅ワーカーのような個人事業主が急な資金調達を迫られた場合でも短期間で資金調達を受けることができ、ピンチを切り抜けられます。まさにファクタリングは個人事業主にとって心強い味方なのです。