日本ファクタリング業協会とは?活動内容や会員になるメリット

大阪にも、数多く存在するファクタリング業者。その事業の一環として行われているファクタリングでは多くのお金が動くことから、どうしてもトラブルが発生しやすいです。ここでは、ファクタリングにかかわるトラブルを防止するための自主規制機関として設立された「日本ファクタリング業協会」について確認しておきましょう。

日本ファクタリング業協会の主な活動内容

資金調達のための手段のひとつとして知られるファクタリングは、多くの企業が利用しています。そして、このファクタリングにまつわるトラブルを自主規制する目的で設立された日本ファクタリング業協会に所属している事業者は、ファクタリング企業や売掛会社、収納代行業者、家賃保証業者などの幅広いです。同協会では、ファクタリングが正常に行われるための活動を行っています。その一例にはファクタリングにかかわるトラブルの解決や相談、広告審査、行政との連携などがあり、これらはファクタリング企業だけでなくファクタリングを利用する側にとっても意義のある活動です。また、同協会では常時新規会員を募集しており、ファクタリングやそれに関連する事業を営む幅広い業者が加入できます。

会員になるメリットと入会方法

日本ファクタリング業協会に加入すると、協会が発信する最新の情報を得ることや人材の育成に必要な講座への参加が可能となります。また、サービサーへの債権の売却や反社会的勢力とのかかわりを持たないようにするためのチェックシステムの利用といった、より実務的なメリットも得ることも可能です。これらのほか、同協会では会員が参加できる懇親会や意見交換会も実施しているという事例があり、同様のファクタリング業を営む他の業者とのつながりを形成できるという点も大きなメリットとなります。同協会の会員になるためには、協会が指定している対象となる業者の条件を満たしていることが条件です。その上で協会が掲げる理念に賛同し、活動に協力することができれば会員となることができるため、入会すること自体は比較的容易であるといえるでしょう。

日本ファクタリング業協会に相談できること

日本ファクタリング業協会では、主にファクタリング利用者からの苦情や相談を受けています。例えば「契約内容とは異なる金額の返済請求をされている」、あるいは「相手の会社が当初知らされた住所に実在せず、連絡も取れなくなってしまった」などのトラブルが生じた場合、同協会へ相談するのがおすすめです。また、同協会では法務相談も受け付けており、法律に則ってトラブルを解決したいというケースで相談をするのも有効だといえるでしょう。